【話題】『東京卍リベンジャーズ』花垣武道に学ぶ“諦めの悪さ” 冴えないフリーターに共感が止まらないワケ

【話題】『東京卍リベンジャーズ』花垣武道に学ぶ“諦めの悪さ” 冴えないフリーターに共感が止まらないワケ
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/05/28(金) 15:40:32.58 ID:CAP_USER9
実写映画化も決まり、注目を集めている『東京卍リベンジャーズ』。同作は男たちが熱い戦いを繰り広げるストーリー自体も面白いが、キャラクターの魅力も大きい。“無敵のマイキー”こと佐野万次郎、“ドラケン”こと龍宮寺堅をはじめ、場地圭介、松野千冬、三ツ谷隆、橘日向、橘直人、佐野エマ……、挙げれば切りがない。そんな魅力的なキャラクターの筆頭となるのが、主人公の花垣武道だ。

【画像】映画版では吉沢亮が演じる佐野万次郎 『東京卍リベンジャーズ』6巻

フリーターとしてパッとしない毎日を送っていた26歳の武道は、中学時代の彼女である橘日向が暴走族・東京卍會の抗争に巻き込まれて死亡したニュースを目にする。ふとしたきっかけで日向の弟・直人と出会い、日向を助けるために12年前の中学時代にタイムリープをしながら、未来を変えるべく奮闘。数々のピンチを乗り越えながら成長していく主人公である。

読者を惹きつける武道の魅力とはどこにあるのだろうか。まずは最初に挙げられるのは、「成長していく姿」だろう。

もともとの武道は、なんとも自堕落な生活を送っていた。壁の薄いボロアパートでは隣人からテレビの音がうるさいと怒鳴られ、バイト先のレンタルビデオ店では仕事ができずに小言をもらう日々。そんな自分に嫌気が差しながらも、現状を変える努力をするでもなく逃げ続けていた。だが、タイムリープを重ねることで少しずつだが成長していくのである。

日向を助けたい一心でタイムリープをするも、はじめの頃は逃げ出しそうになっていた武道。だが、徐々に日向のため、仲間のために敵に立ち向かうようになっていく。それは逃げ癖がついていた26歳とは思えないほどで、敵100人に囲まれても逃げることは無くなっていった。ストーリー中盤にある、敵対チームである天竺との抗争「関東事変」では心が折れてしまったマイキーの代わりに東京卍會を鼓舞し、抗争を決行。そこにかつてのダメフリーター・武道の姿はなかった。着実に成長していく武道の姿は魅力的かつ、読者に勇気を与えている。

2つ目の魅力は「諦めない心」。武道は喧嘩が弱い。すぐにボコボコにされるし、拳で勝った戦いは数えるほどしかない。だが、どんなに劣勢であろうと諦めず、折れない。それが武道の喧嘩のやり方である。仲間、そして自分自信を最後まで信じ切る姿は、思わず胸が熱くなるほどだ。

「8・3抗争」でキヨマサに凄まれて絶体絶命のピンチになった時も、「逃げねぇよ。リベンジだ」、「決着ついてなかったよな? 喧嘩賭博のタイマンの決着!!」と闘志を宿した目をしながら言い放ち、どんなに殴られても、刃物で刺されても、立ち向かい続けた。こうした武道の心には、マイキーも一目置いており、「オマエは弱ぇのに誰にも屈しない あの黒龍にすら屈しなかった 挫けそうな時 オレがオレでなくなりそうな時 オレを叱ってくれ」と託されているほど。戦いは暴力ではなく心、自分に負けないことが本当の戦い、そんなことを教えてくれている。

そして3つ目の魅力は、「実体験に基づいた心打つセリフの数々」だろう。武道は26歳の記憶を持ったまま、12年前にタイムリープをしている。不良中学生たちよりも長く生きており、自分でももどかしいほどの冴えない人生を歩んできたが故、中学時代にタイムリープをした際には魂の叫びのようなグッとくるセリフを数々言い放ってきた。例えば、黒龍の総長で圧倒的強さを持つ柴大寿に叶わないとわかりつつも立ち向かい、兄への恐怖心が大きすぎて対峙できない大寿の弟の八戒へ「未来を変えれるなら 命を懸ける価値はあるだろ?」、「頑張る事は辛くねぇよ 一番辛い事は…“孤独”な事だ」と語りかける。

no title

5/28(金) 10:14
配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/eab81374de85d83d5fcc2bf2bece588b78bc4045

https://youtu.be/2qbHikwRimU

no title

no title

引用元: ・【話題】『東京卍リベンジャーズ』花垣武道に学ぶ“諦めの悪さ” 冴えないフリーターに共感が止まらないワケ [砂漠のマスカレード★]

27: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 17:21:46.99 ID:nJOGcAEa0
>>1
日本男子の不思議なところは少年漫画があれだけ不屈、努力を描いてんのに自分たちはほとんど人生に影響を受けてないところよな
ほとんどがモブ側の否定派側で生きてるっていう
2: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 15:40:39.29 ID:7GMTE1Eb0
タイムリープを経て、26歳の自分を変えたいという思いが湧き上がってきた武道ならではの言葉だ。さらに、兄の恐怖政権から逃れられない八戒へ「何でも話せよ 八戒 オレら友達だろ?」と語りかける。26歳の頃は仲の良い友だちもいなかったが、タイムリープして東京卍會と関わるようになってから友だちの良さやありがたさを再確認した武道のセリフは、凍りついていた八戒の心をも溶かしていったのある。トピックスごとにこうした武道の心を打つセリフは数多く生まれている。決してスマートではないが、熱い彼のセリフは心に突き刺さるのだ。

もちろん、これ以外にも武道の魅力は多々ある。そんな魅力あふれる武道を実写映画では北村匠海が演じる。9歳から芸能活動をし始め、今もなお実直に活動に邁進している北村は、折れない心を持つ武道と重なる部分も少なくないだろう。7月9日に公開される実写映画の前に、ぜひ武道の魅力をおさらいしつつ、北村がどう演じるのかをしっかり目に焼き付けたい。

3: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 15:42:08.10 ID:eOkGznpF0
マンガはおもしろいけどこの記事はうんこだな
6: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 15:49:39.69 ID:LsOZJl260
未来のタケミチがタイムスリップしてくると過去のタケミチの人格が消えるんだよね
そこはどうなんだろ?と思う
10: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 15:58:59.45 ID:qrQOmoJw0
タイムリープ9回してるんだっけ?
多すぎ
11: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 16:05:53.96 ID:t3tV5eSc0
タイムリープ期待してるととんでもないことになるからなw
設定的には準主役の弟君なんて握手要員でしかなくなるし
ヤンキー漫画としてウケたんだよ
12: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 16:12:09.86 ID:Kr8Odyxy0
マイキーはカリスマ性があるキャラってのはいいんだけど作中最強キャラってのがどうしても違和感ある
単純な戦闘力だけならドラケン、大寿、モッチーあたりの方が上とかのほうがよかった
15: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 16:22:11.20 ID:Vqre4LRb0
マイキーかっけー
17: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 16:23:01.74 ID:UOGhOb1h0
海外向けは卍が消されてるわ
21: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 16:43:29.55 ID:10JsaQcQ0
エマちゃん、好きだったのに…
24: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 17:00:21.76 ID:O0v2844F0
でも現実の冴えないフリーターはタイムリープ出来ないから
やり直しが効かないんだね。
武道もタイムリープ出来なかったらあのまま腐ってたろ。
32: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 18:03:59.31 ID:I/KvtUxM0
完全な大人向けのスワンの作風から
よくここまで少年誌向けに調整してきたと思う
44: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 20:59:49.11 ID:2CZnLVVi0
キサキもタイムリーパーだって予測立ちまくったら作中で本人に否定させて半端なとこで退場したのはわろた
48: 名無しさん@恐縮です 2021/05/28(金) 23:47:25.70 ID:wBF3qTCK0
冴えないフリーターって言うけど大して働いてるシーンないからな
この記者は馬鹿なの?🍄

東京リベンジャーズカテゴリの最新記事